Fishing Report / 釣行記

■南房サーフ釣行 / クンクン、プルプル、ソゲ、ソゲ、フグ・・・



■2017.12.18(月) 06:30-16:00 大潮 ■HATTORI




年末進行の仕事が一段落したので、南房の砂浜運動場へ。

日曜日の夕方に南房に到着し、ラインやフックの交換を済ませてから、風呂、飯、睡眠。



6時に起床して、まだ暗いサーフを見渡すと・・・

すでに等間隔で釣り人がズラ〜っと並んでキャストしている。

眺めている間にも、次々と釣り人がサーフに入っていく。





防寒ウェアを着込んで、6時半にサーフイン。

もちろんポイントなど選べないので、空いているところでキャスト開始。



今日はかなり冷え込む予報だったが、完全防寒なのでそれほどでもない。

まぁ、雪山に比べたらこのくらい別に。(笑)

身体に雪が積もるわけでもないし。





取りあえず、SD90HSで様子を見てみる。

風はほとんど吹いていないので、ルアーが真っ直ぐ飛んでいく。



すると、数投目に・・・


クンクンクン・・・



ん?・・・フグかな?





あれ?・・・ソゲだ。

しかも、手のひらサイズの超極小。(笑)



将来有望なチビッ子にお帰りいただき、キャスト再開。

しかし、その後は何もなし。





8時半過ぎになると、だいぶ空いてきたので移動開始。

良さそうに思えるポイントを叩いていく。



ググっ!ググっ!



今度は先程のチビッ子とは違う重み。

しかし・・・バラシ。

思わず、天を仰ぐ。





フックを確認すると、針先がかなり甘くなっていた。

まぁ、砂で研磨されるから当然といえば当然かぁ。

フック交換のタイミングが他の釣りとは違うなぁ・・・

などと、今更ながらに再認識するワタクシ。





フックを交換して、キャスト再開。

周辺をキャストしながら数往復してみるが、その後は全く反応無し。

そして10時半になったところで、一旦撤収。



小黒さんとお会いしたので、午前中の情報交換をしつつ・・・

その後はヒラメとは関係ない話で盛り上がる。





13時過ぎから後半戦開始。

青空が広がり、良い天気。

取りあえず、明日のためにもポイントを広範囲に探ってみることに。



北上しながら叩いていくと・・・

再び、あのアタリ。

そして、あの引き。





先程のソゲのお兄さん?お姉さん?くらいの可愛いソゲ。

5年後くらいに是非もう一度お会いしたいものです。

ちなみにヒラメは、オスよりもメスの方が大型になるらしい。



北に移動しながら叩いていくと・・・

今度は・・・

プルプルプル・・・





毎度お馴染みの・・・フグ。

貴方とは二度とお会いしたくありません・・・

と言い聞かせ、海にお戻りいただく。



ちなみにフグは結構ルアーにチョッカイを出してくるので、スレ掛かってしまうことが多い。

水槽などで他の魚と混泳させると、直ぐに尾鰭などをかじってしまうそうだ。





かなり北上したところで、携帯が鳴り響く。

お仕事の電話。

明朝10時にスタジオ入り・・・

ということで、明日の砂浜散歩は中止。



15時になったところで、戻りながら良さげな所を叩いていく。

しかし、何の反応もなく・・・

16時に納竿・撤収。



タックルを洗い、洗濯してから、急いで東京へ。

年内、もう一度くらい砂浜散歩できたらいいなぁ。

まだ第一段階の途中だし。




■HATTORI 
ヒラメ = 0枚 / ソゲ = 2枚 
■ロッド 
DAIWA モアザンAGS 109MML 
■リール 
SHIMANO 16 ヴァンキッシュ C3000XG 
■ライン 
SHIMANO パワープロZ 1.2号(MG) 
■リーダー 
VARIVAS ナイロン 25LB 



サーフ ヒラメ
<<   main   >>

↑TOP

◆Category

◆Archives

◆Feed

◆Mobile

qrcode