Fishing Report / 釣行記

■南房サーフ釣行 / 南房の砂辺運動場でトレーニング



■2017.12.04(月) 06:10-10:30 大潮 ■HATTORI




前回(毎回?)、日頃の運動不足を思い知らされたので・・・

南房にある無料運動場で砂浜ウォーキング。

上半身の運動もしたかったので・・・

一応、釣り竿も持っていくことに?





6時頃に目的のサーフに到着。

西の空にはまだ月が残っていた。

昨夜は今年一番大きく月が見えるスーパームーンだったらしい。





海側の空には、太陽が昇り始めている。

目の前には太陽、振り返ると月・・・

ちょっと得した気分。



風は北西微風で、波は小さく、水の色は通常...という感じ。

釣り人は8名ほどで、一部のエリアに集中している。

昨日、あのエリアで良型のヒラメが揚がったのかな?



混雑は苦手なので、誰も居ないエリアまで歩いていく。





潮風と太陽と波の音・・・

日常の毒素を抜くには最高のシチュエーション。



6時過ぎからキャスト開始・・・いや、上半身の運動開始。(笑)

取りあえず、SD90で様子を見ていく。

引っ掛かってくる浮遊ゴミも無く、ルアーが足元まで泳ぎ切る。

喰ってくる魚も無く、ルアーが足元まで泳ぎ切る...。



南下しながら叩いていくと、遂にヒット。

しかし、重みは無く・・・明らかにソゲ。





揚がってきたのは一目瞭然、測るまでもなくソゲ。

やはり子供騙しに乗ってくれるのは、子供だけ?(笑)

まぁ、子供でも喰ってくれただけ有難く思いましょう。



その周辺をネチネチと叩いた後、更に南下。

暫くすると、波の中を小規模な群れで泳いでいる小魚を発見。

その周辺を叩いてみるが、反応無し。



ルアーをG-Conに換えて、そのエリアを少しずつ移動しながら叩いてみる。

すると、かなり手前でいきなりヒット。

先程よりは、重みもある。





しかし、上がってきたのは・・・ソゲ。

一応、往生際悪くロッドのグリップ部分を当ててみるが・・・

やはり、ソゲ。(笑)

これに懲りず、来年以降にまた喰いついてくださいませ。



暫く周辺を叩いてみたが反応が無いので、再び南下。

すると、少し沖目でG-Conにヒット。

先程よりも重みはある。



ところが・・・バラシ。



あ"〜っ!

と、叫んでみても、後の祭り。



多分、元気の良いソゲでしょう...。

多分、ちょっとメタボなソゲでしょう...。

そう自分に言い聞かせ、心の平穏を保とうとするワタクシ。

まさに、逃避モード。(笑)

まぁ実際のところ、良くてギリギリヒラメサイズといったところでしょう。

バラした魚は大きくありません、ハイ。



再び南下しながら良さげに思えるところを叩いていく。

すると、波打ち際でSD90にヒット。

アワセると、シーバスが顔を出して・・・コンニチハ。



足元でヒットということは・・・

当然、すぐに強烈な引き波が来るわけで・・・



この引き波に耐えられるかな???



耐えられませんでした。(笑)



コンニチハの直後に、サヨウナラ。

急いでたのかな?

でもシーバスだったので、精神的ダメージは特にない。



そして、これが最後の反応。

夜に仕事が入ってしまったので、10時半に納竿・撤収。




■HATTORI 
ヒラメ = 0枚 / ソゲ = 2枚 
■ロッド 
DAIWA モアザンAGS 109MML 
■リール 
SHIMANO 16 ヴァンキッシュ C3000XG 
■ライン 
SHIMANO パワープロZ 1.2号(MG) 
■リーダー 
VARIVAS ナイロン 25LB 



サーフ ヒラメ
<<   main   >>

↑TOP

◆Category

◆Archives

◆Feed

◆Mobile

qrcode