Fishing Report / 釣行記

■サーフ ヒラメ / 南房総サーフで2016年の初釣り



■2016.02.12 07:30-10:30 & 14:30-16:30 中潮 ■HATTORI




約一年がかりの大きな仕事が一段落したので、本年の初釣りへ。

前回釣りに行ったのはいつだっけ?

7月?・・・しかも箱根で例の・・・あはは。(笑)



で、本年初釣行は・・・

久しぶりに、南房総のサーフでヒラメを狙ってみることに。





東京を4時過ぎに出発し、のんびり走って7時前に南房総のサーフに到着。

天気が良く、思ったよりも風は強くなく、それほど寒くはない。



今回予定しているエリアを見回すと、今のところ先行者は3名ほど。

まぁ、これから増えてくるでしょう。







7時半過ぎ、満潮からの下げはじめからキャスト開始。

波はそれほど高くはなく、私基準で「通常」...という感じ。

どんな基準???



先ずはSB120SとSD90HSで広範囲探索モード。

しかし、異常なし!無事生還!



試しにSasuke120にも忍んでもらったが・・・

どうやら名前の通り「忍び名人」のようで・・・

襲ってきそうなヒラメからも上手に身を隠し・・・

発見されることなく、無事に生還してくる。



流石だ。




でも・・・

たまには襲われても良いんだよ...。







アタリのアも無く、平和で穏やかな時間が過ぎていく。

だが、潮風の中でキャストしているだけで心地良い。



幸せ。



まぁ・・・

ヒラメの引きを味わえたら、もっと幸せなんだけどね...(笑)





10時半になったところで・・・午前の部、終了。

そして昼食休憩。



腹を満たして、少々マッタリモード。

そして、睡魔に襲われる前に、午前中のサーフに戻ることに。







予定より30分ほど遅れて、14時半過ぎから午後の部スタート。

午後の部は、干潮からの上げ狙い。

厚い雲が空を覆い、風も午前中よりは強くなっている。

波も午前中よりは高くなっているが、全く問題ない範囲。







午前中同様、先ずはSB120SとSD90HSで広範囲探索モード。

そして、良さげなカレントがあったので、あまり移動せずその周辺で粘ってみることに。

中潮干潮からの上げ狙いなので・・・ここのブレイクはかなり手前。



反応の無い時間が過ぎていく。

Sasuke120にも忍んでもらったが、午前中同様・・・無事生還。



向かい風が強くなり、空もかなり曇ってきたので、SB120Sをメインにして探っていく。

ポイントを休めるために・・・というか、サポーターで無理やり固定している自分の膝を休めるためにも、適度に休憩しながらキャスト。





ゴンっ!!





待ちに待った瞬間。





反射的にアワセを入れると、なかなか良いパワーで突っ込んでいく。

おっ、これはソゲじゃないぞ〜!(喜)



なかなか良い感じの引きを堪能しつつ、慎重にファイト。

そして、波に乗せて・・・砂浜にズリ揚げ成功。







2016年の初釣行での初魚は・・・52cmの本命ヒラメ。

いやはや、最高。

嬉しい〜!(笑)



晩飯確保。







暫くポイントを休ませた後、キャスト再開。

しかし再び、異常なし!無事生還!の繰り返し。

まぁ、私の場合、これが普通なんだけど。(笑)



その後、根エリアに移動して色々と探ってみる。

しかし状況変わらず、沈黙の時間が過ぎていく。



日頃の運動不足も僅かながら解消できたことだし・・・

ということで、16時半に納竿・撤収。







帰りはあまり寄り道せずに東京へ戻り、キープしたヒラメを新鮮なうちに捌く。

五枚下しにして・・・当然お刺身。

取りあえず、反対側の指が透けて見える程度には下せたが、まだまだ未熟。

ご飯は酢飯にしたので、握り寿司・・・というか、握り寿司らしきものも。

アラは全部アラ汁に。



美味い!


そして、あっという間に・・・胃袋へ。


御馳走様でした。




■HATTORI 
ヒラメ = 1枚 
■ロッド 
SHIMANO ディアルーナ S1006M 
■リール 
SHIMANO 03 ツインパワー C3000 
■ライン 
FireLine 18Lb(SMOKE) 
■リーダー 
シーガーGrandmax 5号(フロロ) 
■ルアー 
SHIMANO スピンブリーズ120S クリアピンクイワシ 



サーフ ヒラメ
<<   main   >>

↑TOP

◆Category

◆Archives

◆Feed

◆Mobile

qrcode