Fishing Report / 釣行記

■大岩魚 / 相変わらずな状況だったが、60UPの巨大岩魚!



■2014.04.20 06:30-14:30 ■HATTORI




今週も雪山に岩魚釣行。

月明かりの中、重い荷物を背負って歩き、
ようやく到着したと思ったら・・・



げっ!!!!!!!


忘れ物した!!!!!(泣)



という訳で、再び車を停めてあるところまで1人で戻ることに...。

まぁ、ソレが無いと、釣りができないので...。



何を忘れたかは・・・

聞かないでください...。

そっとしておいてやってください...。

運動不足気味だったので、運動したかったんです...。

そういうことにしておいてください...。





本日は濃霧なり。

余計な運動により、息はゼーゼー、心臓はバクバク...。



しばらく休憩したあと、完全に明るくなったところで出発。

しかし、濃霧のため、本日の第一ポイントに行くのに大苦戦。

ここは携帯の電波も届かないので、簡易GPSも使えない。

地形的に、コンパスもほとんど役に立たない。



そして、霧の晴れた第一ポイントに到着。

気温はマイナス1℃くらい。

ただ、風が無いので、体感温度はそれほどでもない。



キャスト開始。

先週、単発で見かけたワカサギの姿は無い。



岸際からのブレイクライン上をLKJ MINNOW 130Fで平行気味に叩いていく。

すると、深場から岩魚が突然姿を現し・・・

ガツン!



嬉しい!







そして、53cmの良型岩魚をランディング。

先週の魚よりも肥えていて、とても良い魚体だった。

これで、今日ものんびり昼寝モードに入れる。(笑)



第二ポイントに移動して、再び探りながら叩いていく。

今日は雲が多いが、陽が差し込みそうである。

そろそろ、ここ数年のパターンから脱却できると良いのだが。



笑っちゃうくらい複雑に水流が絡み合っている部分があったので、
その奥にLKJ MINNOW 130Fをキャストして、水流の中を速めのアクションで通す。

反応が無いので、今度は水流の脇を再び速めのアクションで通す。

そして今度は再び水流の中を、少しだけゆっくりめのアクションで通してみる。



ゴンっ!!!



合せた瞬間、今までとは違う重み。

そして突っ込みも、かなりパワフル。



こりゃぁ〜デカイかな?



慎重に寄せてみると、60UP確定の魚体が目に入る。

朝の余計な運動の心臓バクバクとは違った、嬉しい心臓バクバク。(笑)





そして、65cmの巨大岩魚を無事ランディング。

ワカサギを喰いまくったデブデブの魚体に感激!





その後、しばらく反応が無いので移動して休憩。

そしていつも通り、生簀に泳がせておいた岩魚の撮影タイム。

時計を見ると、すでに9時。

太陽も出て、気温はグングン上がっている。

寝るには最高の条件。

ということで、爆睡タイム。





Zzzzzzzzz・・・





目を覚ますと、KONNOさんがキャストしていた。

状況を聞くと、反転すら無いらしい。

ここ数年、毎回こんな感じである。

朝一にパタパタっと釣れて、その後は全く沈黙。

まぁ、その原因はある程度分かってはいるんだけど...。



今日は全く寝ないで来たので、恐ろしく眠い。

ということで、再び爆睡タイム。





Zzzzzzzzz・・・





目を覚ますと、既に14時過ぎ。

その間の状況を聞くと・・・

全く変わらない・・・とのこと。

うーむ、厳しい。



その後、場所を変え、ふたりで色々と試しながら叩いていくが、

全く反応なし。



こりゃ、無理だね・・・

ということで、14時半、納竿・撤収。



今日は珍しくほとんどの時間、寝ていた。(笑)

苦労してそんなところまで行って、寝てるなんて・・・

と、思うかもしれないが、

澄んだ空気と程よいボートの揺れ・・・

そんなところで寝られるというのは、最高の幸せなのであります。




■HATTORI 
■2Hit 2Get 
■LKJ MINNOW 130F 
■KONNO 
■0Hit 
 



岩魚探検
<<   main   >>

↑TOP

◆Category

◆Archives

◆Feed

◆Mobile

qrcode